スモールワールド レッスン28回目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



昨晩、スモールワールドで28回目のオンライン英会話レッスンを受けてきました!

今回は、「受け身」が中心のレッスンでした!

4月14日と16日に起きた熊本地震の影響で、4月12日以降レッスンを受ける事ができず、約3週間ぶりのレッスンでした。

もちろん今回も、女性日本人講師のS先生のレッスンを受けましたよ!

レッスン内容

・導入会話

・「受け身」の使い方

■導入会話

最初に地震の話をしました。

私が熊本に住んでいるということもあり、先生がとても心配してくれていました。

その後、地震に関する英語の勉強と、少しだけ質問とそれに対する答えを英語で話しましたよ!

「地震」は英語で「earthquake」というそうです!

車に避難して、2日間車中泊をしたと言う話から、「避難する」は英語で「evacuate」という、ということも習いました!

質問:Where did you evacuate? あなたは何処に避難しましたか?

答え:My family and I evacuated the car. 私の家族と私は、車に避難しました。

質問:How many day were you staying outside? あなたは何日間外に滞在しましたか?

答え:2days. 2日間です。

We stayed in the car. 私たちは車に滞在しました。

今書いていて思ったのですが、「We stayed in the car for 2 days.」でも良かったですよね!

■受け身の使い方

次に、今回のメインの「受け身」について学習しました!

「受け身」とは、「○○は~される」「○○は~された」というような言い方のことで、be動詞 + 過去分詞 を使って表現します!

例えば、

Kumamoto castle was built 200 years ago. 熊本城は400年前に建てられました。

But it was destroyed in earthquake. でもそれは地震によって破壊されました。

といった感じです!

その後、教科書(「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」P229)を使って文章を作る練習をしましたよ!

そして最後に、受け身の否定文と疑問文についての学習をしました!

否定文は、be動詞の後に「not」を入れるだけで、「~されません」「~されませんでした」という意味になります!

否定文の文章を作る練習もしました!

・This is not sold in Japan. これは日本では販売されていません。

・Many shops is not opened in Kumamoto. 熊本の多くのお店は開かれていません。

・Furniture stopper is not found in Kumamoto right now. 家具止めは今熊本で見つかりません。

・24 is broadcasted in the world. 24は世界中で放映されています。

といった感じです!

あと、ほとんど同じ意味だけど、「食べられない」「食べることができない」という微妙に言い回しが違う文章も習いました!

1. We can not eat raw fish now in Kumamoto. 私たちは今熊本で生魚を食べることができません。

2. Raw fish are not eaten now in Kumamoto. 生魚は今熊本で食べられません。

(1)はcan notを使っていて、(2)は受け身の否定文を使っています!

どちらでも伝わるし、ほとんど同じ意味なんだそうですが…使い分けとか使い方がなかなか難しそうです(:_;)

沢山日記で使って慣れようと思います!

疑問文は、be動詞を文の一番前に持ってくることで、「~されますか?」「~されましたか?」

という疑問文になります!

例えば、

Is Octopus eaten in your country? あなたの国でタコは食べられますか?

といった感じです!

最後に

というわけで、スモールワールドでの28回目のオンライン英会話レッスンが終了しました!

実は私、熊本県に住んでいて、約震度7の地震を初めて経験しました。

停電はするし、水もガスも出ないしで、とても大変な経験をしました。

今までは、東北で地震があったりした時ももちろん心配ですし、私が住んでいるところは大丈夫かな?と思ったりもするけど、やっぱりどこか現実味がなくて、もし地震が来た時の為の準備などは全くしていませんでした。

でも奇跡的に父が大きい家具を家具止めで固定していたり、家具を倒れても大丈夫な場所に配置してくれていたので、私の家族

は誰一人怪我などをすることなく、無事でいることができました。

今回の地震を経験して、これからはもっとちゃんと地震が起きた時、困らないような準備をしておかなければならないなと改めて感じさせられました。

水やガス、電気の大切さも改めて感じることができました。

今こうやってパソコンを使えて、お風呂に入れて、暖かいご飯を食べれて、朝顔を洗えて、行きたい時にトイレに行けて、いつでも手を洗えて、ベットで寝れることがどんなに幸せなことなのか、ということを今すごく感じています!

レッスン中にちょっと大きめの余震がきたりと、まだまだ余震は続いていますが、頑張ります!

この3週間全く英語に触れていなかったので、また今日から少しずつ触れていって、英語をどんどん話せるようになっていきたいと思います!

日記、さすがに今週こそは沢山書きます!!!!!

I’ll do my best!

それでは、また!

スモールワールドに興味を持たれた方はこちらからご覧下さい → スモールワールド・オンライン英会話家庭教師

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 花粉の季節 より:

    熊本にお住まいでしたか。本当に大変な毎日だと思います。
    まだ募金してないのですが、もう少ししたらあまりお金が集まっていなそうな自治体の市町村役場に振り込もうと思っています。

    私は東日本大震災で震度5強の地域だったのですが、当時勤めていた会社は半端なく揺れて、物がかなりひっくり返りました。二キロ離れた自宅は何も落下しておらず、地域と建物によって揺れが違うことが分かりました。
    関東なので地震は必ず来るので心配です。

    スモールワールドはちょっと不信感を持ち、やめました(私が悪いのですが)。先生たちはいい先生揃いで、やる気があって、とても良いスクールなのですが。
    一コマのレッスン料が他校と比べて1.5倍ぐらいしてしまうのも躊躇の理由です。先生に支払われるお給料も比例的に多いなら全く問題ないのですが、どうやらそうでもなさそうで…

    以前から取っているネイティブのスクール一校になり、週1未満ペースです。

    1. Rio より:

      花粉の季節さん、お久しぶりです!
      あたたかい言葉ありがとうございます(:_;)
      「地域と建物によってゆれが違うこと」は、私も今回の地震で感じました。
      日頃から地震は来るものだと思って、しっかり準備しておくことが必要なのかもしれませんね。

      スモールワールドやめられたんですね。
      やっぱり運営側との信頼関係も大切ですよね!
      先生方のお給料は全く知りませんでしたが、そうなんですね…。

      私も他スクール(大人の英会話倶楽部)を増やそうと思っていたのですが、結局時間の問題や地震のことなどで、スモールワールド一本で、週1未満ペースです。
      今は文法を中心に習っているので、出来れば料金の安い他のスクール(文法とかをあまり気にせず話すことに特化したレッスン)と併用していけたら一番いいと思っているのですが、なかなか上手くいきません。

      お互い頑張りましょう!

コメントを残す